【アメリカ】Spotify、政治広告の取扱を一時停止。政治広告コンテンツに対するチェック体制未整備のため

Facebook Twitter Google+

 音楽配信世界大手スウェーデンSpotifyは12月27日、米国での政治広告の取扱を2020年前半から一時的に禁止すると発表した。政治広告のコンテンツに責任を持つ体制ができていないためと説明した。同社は米国以外では政治広告を取り扱っていない。  現在、バーニー・サンダース氏等の次期大統領選挙候補や共和党全国委員会はSpotifyで政治広告を流している。今回の取扱停止措置では、Spotifyの広告許容ユーザー向け広告と、独占コンテツやオ [...]

» 続きを読む

【国際】グーグル、政治広告の自主規制強化。ターゲティング広告や偽情報発信等。透明性も確保

Facebook Twitter Google+

 グーグルは11月20日、全世界に適用する政治広告に関するポリシーを改訂。年齢、ジェンダー、郵便番号住所を活用したターゲティング広告を禁止する。著しい偽情報を発信する政治広告も禁止する。政治広告の透明性を高める情報開示も強化する。政治広告に関しては、ツイッターも10月30日、政治広告を世界全体で禁止すると発表したばかり。 【参考】【国際】ツイッター、政治広告を禁止。政治メッセージは金を払って届けるべきでないと指摘(2019年11月3日 [...]

» 続きを読む

【国際】ツイッター、政治広告を禁止。政治メッセージは金を払って届けるべきでないと指摘

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米ツイッターのジャック・ドーシーCEOは10月30日、ツイッターでの政治広告を世界全体で禁止するとツイッター上で発表した。改訂したポリシーを11月15日までに公開し、11月22日から新ポリシーを導入する。  ドーシー氏は、政治メッセージは、人々が自発的意思によりアカウントをフォローしたり、リツイートをしたりするものだと指摘。金で購入される政治メッセージでは、これら自発的行為を妨げるとした。加えて、インターネット上の政治広 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ワシントン州司法長官、フェイスブックとグーグルを選挙広告関連法違反で起訴

Facebook Twitter Google+

 ワシントン州のボブ・ファーガソン司法長官は6月4日、フェイスブックとグーグルを相手取り、2013年からワシントン州での政治広告に関する違法行為があったとしてキング郡上級裁判所に起訴した。  ワシントン州の政治資金法では、広告事業者に対し、政治広告の広告主に関する情報を一定期間保持し、公開する義務を定めている。政府の調べでは、ワシントン州での立候補者や政治団体が、フェイスブックに合計340万米ドル(約3.7億円)、グーグルに合計150 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る