private 【国際】東京証券取引所、石炭火力の座礁資産リスク資産量で世界第2位。カーボントラッカー調査

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOカーボントラッカーは11月4日、アジアの上場企業は、石炭火力発電所の座礁資産リスクが1,100億米ドルも抱えており、その半数以上が10社に集中していると分析したレポートを発表した。リスク最大はインドのボンベイ証券取引所で、第2位が東京証券取引所ということがわかった。  同レポートは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【シンガポール】証取、上場企業のTCFD及び取締役ダイバーシティ開示義務化へ。パブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 シンガポール証券取引所(SGX)子会社のシンガポール証券取引所レギュレーション(SGX RegCo)は8月26日、上場企業のサステナビリティ報告書に関し、気候関連の開示を義務付けるロードマップを発表した。9月27日までパブリックコメントを募集する。  今回のロードマップでは (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ニューヨーク証券取引所、自然資本会社NACの上場区分設立へ。NAC提唱のIEGと

Facebook Twitter Google+

 証券取引所世界大手米インターコンチネンタル・エクスチェンジ・インク傘下のニューヨーク証券取引所(NYSE)は9月14日、自然資本会社(NAC)概念を普及しているイントリンシック・エクスチェンジ・グループ(IEG)と協働で、NACを新たな上場区分として創設すると発表した。米証券取引委員会(SEC)からの承認を得にいく。  IEGは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】東証、市場区分再編で判定結果を通知。プライム市場は1500社以上で出発か

Facebook Twitter Google+

 東京証券取引所は7月9日、2022年4月から実施する市場区分再編に関し、同取引所の全上場企業に対し、6月末時点を基準日とし、新上場区分への判定を実施。新市場区分の選択に必要な手続きや書類等を通知した。その中で、東証一部上場企業2,191社のうち、664社(全体の30.3%)が新「プライム市場」の上場基準を満たさないことを明らかにした。 【参考】【日本】東証、市場区分改革で第二次改正案公表。プライム市場は時価総額100億円未満で上場廃 [...]

» 続きを読む

private 【日本・中国】JPXと深圳証券取引所、ETFの相互上場で覚書。中国大手のインデックス除外は拡大

Facebook Twitter Google+

 金融庁と中国証券監督管理委員会は1月26日、第2回日中資本市場フォーラムを開催。日本側からは、日本取引所グループ(JPX)、投資信託協会、日本証券業協会が、中国側からは中国証券業協会も参加した。  その中で、日本取引所グループと深圳証券取引所(SZSE)は、各々の市場に上場されている上場投資信託(ETF)を相手方に上場させ、相手方の投資家が投資できるようにする「日中ETFコネクティビティ」の構築で覚書を締結した。実現すると、双方の投 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】シカゴ・マーカンタイル取引所、世界初の水先物取引を開始。将来の水不足を念頭に価格ヘッジ需要

Facebook Twitter Google+

 商品先物取引所世界大手米CMEグループとナスダックは12月7日、CME運営するシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で、世界初の水資源を対象とした先物取引「Nasdaq Veles California Water Index(NQH20)Futures」の売買を開始した。水資源先物取引の世界初上場となった。  CMEグループは、今回の同先物取引設定の背景について、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】東証、市場区分改革で第二次改正案公表。プライム市場は時価総額100億円未満で上場廃止に

Facebook Twitter Google+

 日本取引所グループの東京証券取引所は12月25日、市場区分の見直しで、「市場区分の見直しに向けた上場制度の整備について(第二次制度改正事項)」を公表した。2021年2月26日までパブリックコメントを募集し、2021年春以降に「第三次制度改正事項」を公表する予定。 【参考】【日本】東証、新市場区分発表。2022年4月から開始。プライム市場には高いガバナンス要求(2020年2月23日)  同社のスケジュールでは、2021年6月30日を移 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ナスダック、ジェンダーや人種観点でダイバーシティ取締役2人以上の任命義務化へ。SEC申請

Facebook Twitter Google+

 米証券取引所ナスダックは12月1日、米証券取引委員会(SEC)に対し、新たに取締役ダイバーシティに関する上場基準ルールを導入する申請書を提出した。承認されるとジェンダーとマイノリティの双方の観点で取締役を1人以上任命することが義務付けられる。  今回の申請内容は、まず、ナスダックの米国証券取引所に上場する全企業に対し、ジェンダーと人種の観点から取締役ダイバーシティに関する一貫性のあるデータ情報開示が義務化される。また、ほぼ全ての上場 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】ロンドン証取、サステナブルボンド・アドバイザリー・グループ創設。地位上昇狙う

Facebook Twitter Google+

 英ロンドン証券取引所は8月3日、市場関係者が参加する「サステナブルボンド・アドバイザリー・グループ(SBMAG)」を発足したと発表した。サステナブルボンド市場でのロンドン証券取引所の地位を高めるための諮問を行う。  発足メンバーとなった機関は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る