Sustainable Japan QUICK ESG研究所

BSCI 2015/08/06 辞書

 BSCI(Business Social Compliance Initiative)はブリュッセルに本拠を置くNPOで、FTA(Foreign Trade Association)のイニシアティブとして2003年に設立されました。BSCIの参加企業はFTAのメンバーでもあり、「自由な貿易。持続可能な貿易」というFTAのビジョンを共有しています。現在1500社以上が参加しています。

BSCI行動規範

 BSCI参加企業は、サプライチェーン上のビジネスパートナーと共に、BSCIの行動規範を実行することが求められます。BSCI行動規範は、世界人権宣言、子供の権利とビジネス宣言、ビジネスと人権に関する指導原則、OECDガイドライン、国連グローバルコンパクト、ILO条約、およびサプライチェーンにおける労働環境の改善に関連する国際協定に基づいています。
行動規範では、11の労働者の権利について記されています。

  • 結社の自由と団体交渉の権利
  • 差別の禁止
  • 公正な報酬の支払い
  • 適当な労働時間
  • 仕事上の健康と安全
  • 児童労働の禁止
  • 若者の労働者の保護
  • 不明瞭な雇用契約の禁止
  • 強制労働や人身売買による労働の禁止
  • 環境の保全
  • 倫理的なビジネス行動(腐敗防止)

 BSCI参加企業は、BSCIから3本柱の幅広いサポートを受けることができます。

  1. 連携
    • 現地の言葉でのみ利用可能なサプライヤーについての情報提供
    • National Contact Groups(NCGs)による、国レベルでの経験や情報の教諭するプラットフォームの提供
    • サプライヤーの地元の企業と連携する機会の提供
  2. 向上
    • ワークショップやeラーニングなどのトレーニング
    • BSCIのマニュアルやニュースレター
  3. 監視
    • 包括的な監査ツールを、国際的な監査ネットワークと共に提供
    • サプライヤーの活動を簡単に追跡できるデータベース
    • チェックリスト、自己監査質問票、などの役立つツール

BSCI 2.0

 BSCI行動規範の実行システムがBSCI 2.0であり、以下の2つのコアコンセプトによって、参加企業が、社会的責任をビジネスのプロセスとビジネスパートナーに組み込むのを助けています。

  1. デューディリジェンス:BSCIは企業に、サプライチェーン上の人権侵害リスクを特定、防止、対処するためのアドバイスを行います。
  2. カスケード効果:企業のビジネスパートナーと一緒に、グローバルサプライチェーンのそれぞれのレベルにおける企業の活動をBSCIは助けます。

 最新のBSCI行動規範は2014年に発行されました。2016年1月からは、BSCI2.0での監査のみがBSCI行動規範の監査として認められます。参加企業のビジネスパートナーへは、2年ごとにBSCIの監査を受ける必要があります。監査の結果改善を求められた場合、12か月以内に追加監査を受けます。

SA8000との違い

 BSCIは社会的監査の方法と報告を企業に提供していますが、監査企業でも認証システムでもありません。SA8000について、BSCIはベストプラクティスであると表現しています。

参考

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る