Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【日本】IHI、パームヤシ空果房を利用した火力発電燃料の実証実験開始。石炭火力の存続図る 2017/05/15 最新ニュース

 IHIは4月26日、東南アジアに多く存在するパームヤシの空果房(EFB: Empty Fruit Bunch)を火力発電の燃料に転換する商用実証実験を開始すると発表した。今後、マレーシアで稼働中のテストプラントを拡張した実証実験を行い、2017年後半にはサンプル出荷を開始する予定。

 パームヤシの空果房は、パーム油の搾油過程で大量に発生する未利用バイオマスで、腐りやすく、水分、灰分、塩分も多いため、大部分は廃棄されている。今回の実証実験では、この空果房を加工し、石炭火力発電の代替燃料源を生成する。生成した物質は、石炭に混入され石炭火力発電の燃料となる。同社はこれにより環境負荷が低減できるとしている。

 IHIは、石炭火力発電設備の大手企業。石炭に混入できるバイオマス由来燃料を増やし、二酸化炭素排出量を提言されることで、石炭火力発電そのものを存続させていきたい考えのようだ。

【参照ページ】マレーシアにおける固体バイオマス燃料製造事業について ~未利用資源を有効活用 バイオマス燃料製造の商用化に向けた取り組みを加速~

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る