【ドイツ】ドイツ復興金融公庫(KfW)、今年すでに約34億ユーロのグリーンボンド発行 2017/11/09 最新ニュース

 ドイツ復興金融公庫(KfW)は10月26日、今年のこれまでのグリーンボンド発行状況と過去発行グリーンボンドの使途進捗状況を公表した。KfWは、連邦政府が80%、州政府が20%を出資する政府系金融機関で、本社はフランクフルト。政策関連分野への融資を行っている。KfWが発行したグリーンボンドは今年1月から10月末までで、約34億ユーロ(約4,500億円)。発行通貨は、ユーロ、米ドル、豪ドルの3つに渡る。今年5月には、KfWグリーンボンドとして最高額となる20億ユーロ分が発行された。

発行体 発行日 償還期間 発行額 表面利回り 使途
KfW(新発債) 2017/05/16 8年 20億ユーロ 0.250% 再エネ融資
KfW(新発債) 2017/08/17 3年 1.5億米ドル 1.660% 再エネ融資
KfW(新発債) 2017/09/28 3年 2億米ドル 1.790% 再エネ融資
KfW(新発債) 2017/10/05 5年 10億米ドル 2.000% 再エネ融資
KfW(タップ債) 2017/08/08 5年(残存3年) 2億豪ドル 2.400% 再エネ融資
KfW(タップ債) 2017/10/25 5年(残存3年) 2億豪ドル 2.400% 再エネ融資

 KfWの今年のグリーンボンドの使途はほぼ全て、KfWの再生可能エネルギープログラム融資制度の原資。87%が風力発電で、11%が太陽光発電への融資に充当された。残り2%は、再生可能エネルギープログラム融資制度ではないが、水力発電、バイオマス発電等他の再生可能エネルギー分野に投じられた。KfWが今年9月末までに発行したグリーンボンドにより、年間210万tの二酸化炭素排出量が削減できるという。KfWの再生可能エネルギープログラム融資制度の原資は、大多数がグリーンボンドでの発行で調達されている。

 KfWの再生可能エネルギープログラム融資制度は、ドイツ国外のプロジェクトにも適用されており、グリーンボンドの使途地域は、ドイツ78%、フランス12%、フィンランド4%、デンマーク2%、ノルウェー2%、アイルランド2%、英国1%、クロアチア1%。 

【参照ページ】KfW’s green bond reporting on the use of proceeds for the first nine months of 2017

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る