【スイス】ネスレ、2025年までに世界中で卵原料を全て「ケージフリー卵」へ切り替え 2017/11/17 最新ニュース

 食品世界大手スイスのネスレは11月2日、世界中の食品商品に使用する卵を全て2025年までに「ケージフリー卵」にすると発表した。玉子商品の他、卵粉、液状卵等、全ての卵加工品を含む。動物福祉の一環。ケージフリー卵とは、ケージ飼いされていない鶏が産んだ卵のこと。

 達成時期は地域毎に異なる。欧州や米国では2020年末までに達成。それ以外の地域では2025年末を目標とする。欧州等一部地域では、使用卵のうち40%がすでにケージフリー卵となっている。 

 ケージフリー卵への切替は、米ウォルマートや米マクドナルド、米セブン-イレブン等がすでに導入を決めている。

【参考】【アメリカ・カナダ】セブンイレブン、2025年までに玉子を全て「ケージフリー玉子」へ(2017年6月4日)

【参照ページ】Nestlé to source only cage-free eggs by 2025

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る