【国際】PRIとウイリス・タワーズワトソン、機関投資家のメガトレンド意識調査2017発表 2017/12/23 最新ニュース

 国連責任投資原則(PRI)と米コンサルティングのウイリス・タワーズワトソンは12月14日、機関投資家のメガトレンド意識調査レポート「Investment Institutions Trend Index 2017」を発表した。調査では世界各地域の機関投資家300機関に対し面談を実施。「環境」「社会・人口」「グローバリゼーション」「新興国の経済成長」「技術発展」の5つのメガトレンド(詳細21項目)に関するリスクや機会に関する回答を集計した。

 面談した300機関の地域別内訳は、米国24%、英国11%、英国除く西欧36%、アジア・太平洋21%、中南米4%、中東欧・中東・アフリカ4%。

 機関投資家が認識しているリスク上位21項目は、

  1. サイバーセキュリティ・プライバシー
  2. 自動化・人工知能(AI)
  3. デジタル化・IoT
  4. ニュー・フィンテック
  5. 政府系金融のプレッシャーと政策対応
  6. 低炭素経済への移行
  7. 平等・ポピュリズム・紛争
  8. 急性環境インパクト
  9. 情報・コミュニケーション流通量の増加
  10. グローバル資本流通の変化

 5つの観点別では、インパクト、マネジメント難易度、10年後のインパクト変化のいずれも「技術発展」がトップ。「社会・人口」はインパクト、マネジメント難易度で2位だったが、10年後のインパクト変化では「環境」が2位だった。これらは、グローバリゼーションや新興国の経済成長よりもリスク・機会認識が高いという結果となった。

【参照ページ】PRI and Willis Towers Watson launch new report on megatrends
【レポート】Investment Institutions Trend Index 2017

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る