【アメリカ】ニューヨーク市財務長官、市管理の年金基金に化石燃料ダイベストメントを数週間以内に提案 2017/12/26 最新ニュース

 米ニューヨーク市のスコット・ストリンガー財務長官は12月19日、ニューヨーク市管理の各年金基金の運用委員(Trustee)に対し、化石燃料への新規投資停止、化石燃料関連企業からの投資撤退(ダイベストメント)、再生可能エネルギーへの投資増加を含む提案を数週間以内に行うと表明した。

 ニューヨーク市が管理している年金基金には、ニューヨーク市職員退職年金基金(NYCERS)、ニューヨーク市教職員退職年金基金、ニューヨーク市教育委員会退職年金基金(BERS)、ニューヨーク市消防士退職年金基金、ニューヨーク市警察官退職年金基金の5つがあり、運用資産総額は1,600億米ドル(約18兆円)。

 ストリンガー市財務長官は今年初め、同市の年金基金として初めて投資ポートフォリオのカーボンフットプリントを算出すると表明していた。

【参照ページ】Statement from NYC Comptroller Scott M. Stringer on De-carbonizing the NYC Pension Funds

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る