【国際】気候債券イニシアチブCBI、2018年グリーンボンド・パイオニア賞の受賞者発表 2018/03/26 最新ニュース

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの英CBI(気候債券イニシアチブ)は3月20日、2018年の「年間グリーンボンド・パイオニア賞(GBPA)」の受賞者を発表した。同賞の発表は今年で3年目。

年間グリーンボンド・パイオニア賞 2018年受賞者

  • 発行額最大の部:フランス政府
  • 累積発行額最大の部:ファニーメイ
  • 新商品の部:グリーン・スクークを発行したTadau Energy
  • 国内第1号発行(マレーシア):Tadau Energy
  • 国内第1号発行(フィジー):フィジー政府
  • 国内第1号発行(スロベニア):Gen-I Sonce
  • 国内第1号発行(アラブ首長国連邦):ファースト・アブダビ・バンク
  • 国内第1号発行(スイス):Repower
  • 国内第1号発行(シンガポール):CDLプロパティーズ(CDLP)
  • 国内第1号発行(アルゼンチン):ラ・リオハ州政府
  • 国内第1号発行(リトアニア):Lietuvos Energija
  • 国内第1号発行(ナイジェリア):ナイジェリア連邦政府
  • 国内第1号発行(チリ):CMPC
  • 国内第1号発行(ニュージーランド):Contact Energy
  • 国内第1号発行(スロベニア):Gen-I Sonce
  • 認証グリーンローン・プログラム使途の気候債券第1号発行:Contact Energy
  • 認定気候ボンド発行額最大:ニューヨーク州メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ
  • 最大セカンドオピニオンの部:Sustainalytics(サステイナリティクス)
  • グリーンボンド規制当局の部:インド証券取引委員会(SEBI)、中国証券監督管理委員会(CSRC)
  • 個人の部:Anthony Requin、馬駿(Ma Jun)

【参照ページ】Climate Bonds Announces 2018 Green Bond Pioneer Award Winners

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る