【国際】ISO、製品ラベルガイダンスISO/IEC Guide14を改訂。QRコードやサステナビリティ盛り込む 2018/04/06 最新ニュース

 ISO(国際標準化機構)は4月3日、消費者向け製品ラベルに関するガイダンス文書「ISO/IEC Guide14: Product information for consumers」を改訂したと発表した。ISO/IEC Guide14の初版は1977年に制定。同ガイダンスを基に、JIS(日本規格協会)も「JIS S 0114:2000 消費者のための製品情報に関する指針」を制定している。

 同ガイダンスは、消費者が適切な情報に基づき購入を判断するために必要な情報の提供品質を管理するためのガイドライン。主な対象は消費者関連の基準策定機関だが、製品デザイナー、メーカー、技術者やマーケター等、製品ラベルに携わる幅広い人を対象としている。

 今回の改訂では、昨今の技術の進化を反映し、QRコードを活用したラベル等を盛り込んだ。また、年齢やその他の事情により商品使用時に危害を被るリスクのある人々向けの情報提供や、サステナビリティ、プライバシーといった最近の消費者の関心の高い事項についても盛り込んだ。

 同ガイダンスは、ISO/COPOLCO(消費者政策委員会)の第15作業グループが改訂作業を実施。座長は米国家規格協会(ANSI)が務めた。

【参照ページ】Spoiled for choice: an international guide to effective product labelling has just been updated

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る