【日本】第一生命、海外での石炭火力への新規プロジェクトファイナンス禁止。日本生命も検討中 2018/05/09 最新ニュース

 第一生命保険は、海外での石炭火力発電建設事業へのプロジェクトファイナンス実施の禁止を決定した。朝日新聞が5月8日報じた。朝日新聞によると、同社幹部は「石炭はやめるべきだというのはグローバルな流れだ」と述べた。

 また、日本生命保険も4月26日、石炭火力発電建設プロジェクトへの融資の新規停止を検討中と発表した。さらに2017年度から20年度までの4年間で2,000億円をグリーンボンド等のESG投資で運用するとしていた目標値を、2017年だけで2,022億円に達したため、目標額を5,000億円上乗せし、合計7,000億円に増やすという。成長・新規領域への投資額も当初の1.5兆円から2兆円に増額すると表明した。

 日本の生命保険会社は、日本国債の超低金利状態が続く中、他の投資商品での運用を拡大。その中でプロジェクトファイナンスで融資をすることも増えてきている。気候変動を促進する石炭火力発電への融資は、中国の大手銀行も手控える動きが見られる中、日本の銀行等金融機関は世界的に大きな資金の担い手となっている。今回、生命保険大手は石炭火力発電建設事業へのプロジェクトファイナンス禁止の動きを見せているが、海外の機関投資家大手の中には、融資だけでなく、関連事業へのエクスポージャーの多い企業の株式や社債からのダイベストメント(投資引揚げ)の動きも見られる。引き続き、日本の大手生命保険の動向には注目が集まる。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る