【EU】欧州議会、リンク税規定含む著作権指令改正案を否決。今後議会委員会で練り直し 2018/07/11 最新ニュース

 欧州議会は7月5日、検索エンジンに対し短いニュース(スニペット)を表示する際に報道メディアへの支払いを義務化するEU著作権指令改正案を審議し、賛成278、反対318、棄権31の反対多数で否決した。同改正案は、欧州委員会が起草し、EU加盟国も5月25日に導入で大筋合意していた。

【参考】【EU】加盟国、検索エンジンにニュースメディアへの支払い義務を課す規制導入で大筋合意(2018年6月3日)

 今回の改正に関しては、改正案の公表直後から、法案11条に記された上記条項に対し「リンク税」という悪評が立ち、インターネット業界を中心に猛烈な反対の声が上がっていた。またユーザーによる著作権侵害について、プラットフォーム運営企業にも責任が及ぶ可能性を示した13条についても反発が出ていた。ニュース情報は、インターネット上でユーザーにより拡散されやすく(インターネット・ミームとも呼ばれる)、プラットフォーム側にも管理が困難なためだ。

 改正案は、欧州議会本会議から法務委員会に差し戻され、今後、法務委員会で改正案を練り直す作業に入る。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る