【アメリカ】24州司法長官、連邦下院にペーパーカンパニーの実質所有者開示義務化を要請 2018/08/09 最新ニュース

 米24州の司法長官は8月2日、米連邦下院金融委員会の議長とランキング・メンバー(少数等筆頭委員)に対し、米国内のペーパーカンパニーの情報開示強化を要請する公開書簡を送付した。ペーパーカンパニーの実質所有者の情報公開を義務化するよう求めている。参加した司法長官には、共和党と民主党双方がいる。

 今回の公開書簡は、所有者が不明のペーパーカンパニーが、ヒューマントラフィッキング(現代奴隷)、麻薬売買等の犯罪者がマネーロンダリングに活用していると警告。所有者がわからないため、州警察の捜査にも支障をきたしていると主張した。そのため、刑事・民事双方の司法当局への情報開示、捜査への活用、ルールにおける抜け穴のない実質所有者の定義付けを要請した。

 今回の公開書簡に署名した司法長官の州は、コロラド州、ワシントン州、カリフォルニア州、コネティカット州、デラウェア州、コロンビア特別区(ワシントンDC)、ハワイ州、イリノイ州、アイオワ州、メイン州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミネソタ州、ミシシッピ州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、ノースカロライナ州、オレゴン州、ペンシルバニア州、ロードアイランド州、バーモント州、バージニア州、プエルトリコ、北マリアナ諸島。

【参照ページ】GLOBAL WITNESS APPLAUDS US ATTORNEYS GENERAL CALL TO END ANONYMOUS COMPANIES

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る