【国際】グーグル、世界都市の交通・不動産分野CO2排出量や再エネ導入潜在量の可視化ツール「EIE」公表 2018/09/15 最新ニュース

 米グーグルは9月10日、気候変動対策を進める国際的な自治体ネットワークGlobal Covenant of Mayors for Climate & Energy(GCoM)と協働で、自治体政府が気候変動関連政策立案に資する一連のデータをまとめたツール「Environmental Insights Explorer(EIE)」をリリースした。グーグルが保有する地理マップ情報と二酸化炭素排出量データを分析し、建物、交通分野の省エネや再生可能エネルギー導入のポテンシャルを可視化した。

 EIEでは、建物からの二酸化炭素排出量、交通分野からの二酸化炭素排出量、再生可能エネルギー導入ポテンシャル、20年間の気候変動影響予測の4つのデータを無料で閲覧できる。現段階では、豪メルボルン、アルゼンチン・ブエノスアイレス、カナダ・ビクトリア、米ピッツバーグ、米カリフォルニア州マウンテンビューの4都市についての公開を実施。今後世界中の数千都市に拡大していく予定。


(出所)Google

 EIEには、ブルームバーグ財団やEUも支援している。

【参照ページ】The more you know: Turning environmental insights into action
【ツール】Environmental Insights Explorer(EIE)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る