【中国】河北省10都市で大気汚染「オレンジ警報」発令。製鉄等の工場に生産縮小指示 2018/10/24 最新ニュース

 中国河北省10都市で10月19日から22日まで二番目に厳しい大気汚染警報「オレンジ警報」が発令された。河北省を含む京津冀(北京市、天津市、河北省)は中国の中で大気汚染が最も深刻な地域。オレンジ警報が発令されたことで一部工場で生産縮小が命じられた。

 今回、オレンジ警報が発令された地域には、製鉄集積地の唐山市も含む。オレンジ警報が発令されると、重工業企業は生産量を約20%削減することが求められる。唐山市政府によると、全ての資源採掘及び鋳造も停止が命じられた。

 中国では、大気汚染で「オレンジ警報」や最も厳しい「レッド警報」が発令されると、工場の生産縮小や操業停止が命じられる。大気汚染対策が進んでいる工場については、生産縮小や操業停止が免除されるため、大気汚染対策を進める企業も増えてきている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る