【日本】厚労省、女性活躍推進の対象企業拡大する改正法要綱発表。セクハラ・パワハラも規制強化 2019/02/21 最新ニュース

 厚生労働省の労働政策審議会は2月14日、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案要綱」について厚生労働大臣に答申した。女性活躍推進法に基づく行動計画や情報公表の対象を常用労働者301人以上から101人以上の事業主に拡大すること等が柱。2019年通常国会への法案提出を目指す。  2015年9月に制定された女性活躍推進法では、常用労働者301人以上の事業主に対し、「女性の活躍状況の把握、課題分析」「行動計画の策定」「女性の活躍に関する情報の公表」の3つが義務化された。行動計画については、1つ以上数値目標を定めることを義務化。情報公表については、厚生労働省が「女性の活躍推進企業データベース」を提供しており、同データベースでの公表が推奨されている。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用した「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の銘柄選定では、同データベースのデータが活用されている。  今回の改正法案では…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る