【アジア・オセアニア】2018年の風力発電新規設備容量は24.9GW。中国が21.2GWで圧倒的 2019/02/23 最新ニュース

【アジア・オセアニア】2018年の風力発電新規設備容量は24.9GW。中国が21.2GWで圧倒的 1

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は2月19日、2018年にアジア太平洋地域で合計24.9GWの風力発電所が設置されたと発表した。前年比から4.2%伸びた。2023年には追加で145GW設置される見込み。

 2018年の国別の新規設置設備容量は、中国21.2GW、インド2.2GW、オーストラリア0.549GWで中国が圧倒的に多い。一方、インドでも陸上風力発電が急速に増えてきている。さらにベトナム、台湾、フィリピンでも、台湾に対する風力発電の経済的競争力が高まってきている。

【参照ページ】Asia-Pacific installed 24.9 GW new onshore wind capacity during 2018

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る