private 【国際】GWEC、風力発電ギアボックスの2019年市場レポート発表。需要増に耐える生産能力あり

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は12月17日、風力発電関連情報の収集・分析プラットフォーム「GWEC Market Intelligence」を活用し分析したギアボックス市場のレポート「Global Wind Gearbox Supply Chain Update 2019」を発表。今後5年間、成長が見込める市場と分析し、脱炭素社会へのエネルギー移換を実現するためには、開かれた投資環境を整備する必要があるとした。   [...]

» 続きを読む

private 【タイ】GWEC、タイ風力協会、米国際開発庁、2037年までの風力発電7GW新設を提言。政府に政策強化要請

Facebook Twitter Google+

 世界風力会議(GWEC)、タイ風力協会、米国際開発庁(USAID)は12月13日、バンコクで、第1回タイ風力円卓会議を開催。タイで2037年にまでに風力発電を7GW以上設置する目標を設定。タイ政府に力強い政策を促した。  タイの現在の電源構成は、天然ガス火力発電54.5%、石炭・褐炭火力発電16.8%、電力輸入12.5%、バイオマス発電8.3%、水力発電3.6%、太陽光発電2.1%、バイオガス発電0.9%、風力発電0.8%。また政府 [...]

» 続きを読む

【東南アジア】GWEC、風力発電振興タスクフォース発足。ベトナムは2021年までに1GW超える

Facebook Twitter Google+

 世界風力会議(GWEC)は6月11日、東南アジアで風力発電所建設を振興するタスクフォース「South East Asia Task Force」を発足したと発表した。各国政府や幅広い関係者と、研究や政策ペーパー等の作成で協働する。  同タスクフォースは同日、ベトナムでの風力発電の最新動向をまとめたレポートを発表。同国はすでに陸上と洋上あわせて風力発電を327MW設置。2021年までには1GWを超えるという。  同レポートは2030年 [...]

» 続きを読む

【国際】GWEC、2018年の風力タービンメーカー市場シェア発表。首位ヴェスタス

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は4月17日、風力発電メーカー側動向を対象とした2018年の結果を発表した。風力発電タービンの市場シェア首位は、デンマークのヴェスタス。またタービン方式では、ダイレクトドライブ方式への期待が高まる中、2018年時点ではギアを用いた従来型方式が圧倒的なシェアを占めた。  市場シェアでは、首位ヴェスタス(20.3%)、2位は中国のゴールドウィンド(13.8%)、3位はスペインのシーメンス・ガ [...]

» 続きを読む

【国際】GWEC、風力発電業界の女性リーダー育成プログラム始動。新興国を対象

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は4月2日、NGOのGlobal Women’s Network for the Energy Transition(GWNET)と協働し、風力発電業界で女性リーダーを育成する「Women in Wind Global Leadership Program」を発表した。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、再生可能エネルギー業界の従業員女性比率は22%と低く、女性も活躍できる [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界銀行ESMAP、新興国の洋上風力推進プログラム発足。英政府が資金拠出。GWECも参加

Facebook Twitter Google+

 世界銀行のエネルギー分野プログラム「Energy Sector Management Assistance Program(ESMAP)」は3月6日、英国政府から2,000万ポンド(約29億円)の資金拠出を受け、新興国での洋上風力発電を推進する新プログラムを発足したと発表した。風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)も3月7日、同プログラムで協働すると発表した。  洋上風力発電は、2011年以降5倍にまで拡大しており、2018 [...]

» 続きを読む

【アジア・オセアニア】2018年の風力発電新規設備容量は24.9GW。中国が21.2GWで圧倒的

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は2月19日、2018年にアジア太平洋地域で合計24.9GWの風力発電所が設置されたと発表した。前年比から4.2%伸びた。2023年には追加で145GW設置される見込み。  2018年の国別の新規設置設備容量は、中国21.2GW、インド2.2GW、オーストラリア0.549GWで中国が圧倒的に多い。一方、インドでも陸上風力発電が急速に増えてきている。さらにベトナム、台湾、フィリピンでも、台 [...]

» 続きを読む

【台湾】GWEC、台湾政府の洋上風力FIT価格大幅に引下げに反発。産業損なうと再考要求

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は12月11日、台湾政府が検討している洋上風力発電の固定価格引き下げについて声明を発表。洋上風力産業における台湾政府のリーダーシップを損なうことになると再考を求めた。  台湾経済部は11月下旬、2019年の洋上風力発電の固定価格買取制度(FIT)での買取価格案を発表。1kWh当たり5.8498台湾ドルから5.106台湾ドルに下がり、市場の予測を大幅に上回る12.71%の削減幅となった。台 [...]

» 続きを読む

【国際】世界風力会議(GWEC)、アジア・北米での洋上風力発電推進タスクフォース設置

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は9月26日、洋上風力発電が進展している欧州以外のアジアや北米を対象に洋上風力を推進するための新たなタスクフォースを設置した。英国王室領を管理する公益法人Crown EstateのAlastair Dutton氏が議長に就任した。  同タスクフォースは今後、デベロッパー、投資家、設備メーカー、国際機関、技術専門家等を委員に招聘する。洋上風力を成長を牽引してきたHenrik Stiesda [...]

» 続きを読む

【国際】世界風力会議(GWEC)、2017年年間報告書公表。年間新規導入量52GW

Facebook Twitter Google+

 風力発電の国際的業界団体である世界風力会議(GWEC)は4月25日、2017年の年間報告書「Global Wind Report」を発表した。2017年に新たに設置された風力発電設備容量は52.5GW。累積設備容量は昨年から10.8%増加し、539.1GWとなった。  2017年の新規導入設備容量が多かった国は、1位中国(19.7GW)、2位米国(7.0GW)、3位ドイツ(6.6GW)、4位英国(4.3GW)、5位インド(4.1GW [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る