【オランダ】ハイネケン、2030年までの水アクション発表。水ストレス高い地域での還元も 2019/03/24 最新ニュース

 食品世界大手蘭ハイネケンは3月19日、2030年までの新たな水アクションを発表した。水消費量を削減するとともに、水ストレスの高い地域での自然界への水還元を強化する。

 ハイネケンは、過去10年間で、ビール1l当たりの水消費量を5lから3.5Lほどに約3分の1削減してきた。今回発表した新目標では、現状の3.5lから3.2lに減らすとともに、水ストレスの高い地域では、現状の3.2lから2.8lに減らす。

 水還元では、水ストレスの高い地域では、消費した水と同様量の水を水系に還元するとともに、他の水消費者とも協働する。また、世界中で同社からの廃水処理実施立を現状の96.5%から100%に高めるとともに、水ストレスの高い地域では水を再利用もしくはリサイクルし、最大限サーキュラーエコノミーを実現する。ハイネケンは、世界中に170の工場があり、そのうち26工場が水ストレスの高い地域にある。

 加えて、ハイネケンは飲料生産のために農作物にも関わっている。農業での水消費量削減も今後強化する。

【参照ページ】HEINEKEN announces ‘Every Drop’ water ambition for 2030

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る