【国際】アップル、店舗やオンラインで製品回収し、部材原材料へとリサイクルする取組を拡大 2019/04/22 最新ニュース

【国際】アップル、店舗やオンラインで製品回収し、部材原材料へとリサイクルする取組を拡大 1

 アップルは4月18日、同社製品を回収しリサイクルするプログラムを世界中で拡大すると発表した。同社が開発したiPhone分解ロボット「Daisy」の設置箇所を4倍に拡大するとともに、アップルストアやオンラインで同社製品を回収しているも拡大する。

 アップルは現在、全米のベストバイ店舗や、オランダ通信大手KPNの店舗で、不要になったiPhoneを回収。Daisyは年間120万台のiPhoneを解体して、リサイクル用に部材を抽出する能力がある。2018年に同社は、789万台の同社製品を修理再販売しており、これにより48,000t以上の埋立電子廃棄物を削減した計算となる。例えば、iPhoneバッテリーからコバルトを回収し、新たなバッテリーへとアップサイクルしている。

 また、スズでは、11品目で使用している論理回路ボードですでに再生スズ使用率100%を実現。アルミニウム合金では、新機種のMacBook AirとMac Miniでは再生アルミニウム合金使用率100%を実現し、旧機種と比べ二酸化炭素排出量を約半減できた。

 加えて、リサイクルの研究開発をさらに進めるため、「Material Recovery Lab」を米テキサス州・オースティンに新設する計画も今回発表した。製品の解体、部材仕分け、破砕等をロボットと機械学習を用いて進化させる。すでに全製品でのバッテリー交換プログラムや不用品回収プログラムを実施しており、回収されたものは今後部品の原材料へとアップサイクルしていく。

【参照ページ】Apple expands global recycling programs

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る