【国際】WHOとUNICEF、水と衛生に関する進捗と現状課題のレポート発表。質の面で課題大きい 2019/06/30 最新ニュース

【国際】WHOとUNICEF、水と衛生に関する進捗と現状課題のレポート発表。質の面で課題大きい 1

 世界保健機関(WHO)と国連児童基金(UNICEF)は6月20日、2000年から2017年までの水及び衛生に関する進捗レポートを共同で発表した。依然として、世界22億人が安全に処理された飲料水へのアクセスがなく、42億人は安全な衛生施設にアクセスできない状態にあると課題を示した。手洗い場についても30億人がアクセスできていないと算出した。

 今回のレポートでは、過去17年間に量の面では、世界21億人が水や衛生へのアクセスが改善されてきたものの、質の面では問題が多いことを示した。特に、廃棄物や廃水が安全に処理されていないことによる水や衛生の問題も大きいと指摘した。

【参照ページ】WHO and UNICEF launch updated estimates for water, sanitation and hygiene

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る