private 【国際】世界経済フォーラム、気候変動とバッテリー産業のレポートを発表。リサイクル促進や人権強化も提言 2019/09/23 最新ニュース

 世界経済フォーラム(WEF)は9月19日、パリ協定での定めた国際合意の達成のためにはバッテリーが鍵を握るとするレポートを発表した。世界経済フォーラムが運営する官民パートナーシップ「世界バッテリー連合(Global Battery Alliance)」がまとめた。バッテリー技術を適切に導入すれば、世界の二酸化炭素排出量の40%を占める電力業界と輸送業界からの二酸化炭素排出量を30%削減できるとした。  WEFは、2050年に世界の二酸化炭素ネット排出量をゼロにするためには、2030年までに現在のバッテリー生産量の19倍の量が必要となると想定。今後10年間で5,500億米ドル(約59兆円)の投資が必要となると見積もった。それにより、原材料の生産量も5倍から40倍に、原材料精製は14倍が必要となる。  今回のレポートは、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る