private 【国際】世界経済フォーラム、グローバルリスク報告書2022年版発表。気候変動が最大

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月11日、「グローバルリスク報告書2022」を発表した。世界経済フォーラムは毎年1月に開催されるWEFの年次会合(通称ダボス会議)のタイミングに合わせてこの「グローバルリスク報告書」を発表しており今回が17回目。しかし2022年のダボス会議は夏への延期が決定している。  報告書の作成では、 (さらに…)

» 続きを読む

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

Facebook Twitter Google+

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラムのシュワブ氏、「グレート・ナラティブ」出版。「グレート・リセット」第2弾

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)創設者兼会長のクラウス・シュワブ氏は1月7日、新著『グレート・ナラティブ』を出版した。2020年に出版し、25万部を超えた『グレート・リセット』に続く第2弾。前回と同様ティエリー・マレレ氏との共著。  今回の書籍も、幅広い学問分野と多様な地域・背景を持つ、世界有数のグローバル思想家やオピニオンメーカー50人へのインタビューがベースとなっており、世界経済フォーラムのビジョンを示している。 【参照ページ】Kl [...]

» 続きを読む

private 【国際】東アジア・東南アジアは、世界で最も気候科学や人間原因に懐疑的。国際世論調査

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は、気候科学に対する国際世論調査の結果を発表。日本を含む東アジア・東南アジア地域が、気候変動科学や人間の活動が気候変動の原因となっていることに最も懐疑的との結果が出た。  同調査は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、コロンビアで官民データ共有フレームワーク開発。実証進める

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)の「共通目的データ・イニシアチブ(DCPI)」は12月15日、コロンビア政府と実施していたプロジェクトの結果を報告。官民データ共有のためのフレームワークを開発したと発表した。世界経済フォーラムのコロンビア第4次産業革命センター(C4IRコロンビア)もプロジェクトに参画していた。  同プロジェクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、HRテックでのAI活用に関するツールキット発表。差別防止やプライバシー

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラムは12月7日、人事実務家向けの「人的資源のための人間中心AI」ツールキットを発表した。HRテックの導入が進む中、機械学習型のAIがデータプライバシーや差別を引き起こす問題も指摘されており、HRテックを導入する際の留意点をまとめた。  同ツールは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、サステナブル都市イノベーションで8新興都市指定。参画起業家募る

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラムは12月6日、急速な都市化に伴う社会的・環境的課題を軽減することができる新しいビジネス、製品、サービスのための都市実証プロジェクト「都市イノベーションチャレンジ」で、8つの実証新興都市を指定した。市長、投資家、起業家等が連携する。  今回指定されたのは、ボゴタ、ブエノスアイレス、ラゴス、ダッカ、ジャカルタ、ナイロビ、キガリ、リオデジャネイロ。これら8都市に拠点を置く起業家や初期段階のスタートアップ企業に対し、プロジ [...]

» 続きを読む

private 【国際】航空20社、短距離路線で2030年から次世代航空機採用へ。長距離路線も今後視野

Facebook Twitter Google+

 世界の航空20社は11月10日、気候変動緩和のため、電動、水素駆動、ハイブリッド航空機の新技術を活用を進めることにコミットした。特に、短距離フライトで優先的に新技術の導入を進める。  今回の宣言に署名したのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る