【EU】フランス政府、2030年再エネ比率を33%に引き上げ。ギリシャ、ブルガリアも 2019/09/28 最新ニュース

【EU】フランス政府、2030年再エネ比率を33%に引き上げ。ギリシャ、ブルガリアも 1

 フランス、ギリシャ、ブルガリアの3ヶ国は9月24日、各々、2030年までの再生可能エネルギー比率の国家目標を引き上げると発表した。EU加盟国が提出した「国家エネルギー・気候変動計画(NECP)」について議論する同日開催のEU加盟国エネルギー担当相会合の中で明らかにした。

【参考】【EU】欧州委、各加盟国の二酸化炭素排出量削減・再エネ導入等の計画案を評価。EU目標に未達(2019年6月22日)

 フランスは32%から33%に、ギリシャは31%から35%に、ブルガリアは25%から27%に、それぞれ引き上げた。ギリシャは、9月23日の国連気候アクション・サミットの中で、2028年までに石炭火力発電を段階的に全廃する計画も表明した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る