【国際】資源採掘企業の尾鉱ダム1635ヶ所のうち約10%が過去に安全性問題発生。機関投資家調査 2019/11/04 最新ニュース

【国際】資源採掘企業の尾鉱ダム1635ヶ所のうち約10%が過去に安全性問題発生。機関投資家調査 1

 機関投資家の尾鉱ダム安全性イニシアチブ「Mining and Tailings Safety Initiative」は10月31日、資源採掘企業726社に送った尾鉱ダムに関する質問票の回答結果を発表。全1,635ダムのうち166ヶ所で今までに何らかの安全性問題を発生させていたことがわかった。機関投資家たちは、今後協働して対応を進める考え。

 Mining and Tailings Safety Initiativeは、英国国教会年金理事会とスウェーデン公的年金基金の倫理委員会が共同でヘッドを務め、参加している機関投資家の運用資産総計は13.5兆米ドル(約1,460兆円)。国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画(UNEP)、国際金属・鉱業評議会(ICMM)も今回の調査に協力した。

 質問票は726社に送られたが、310社のみが回答。そのうち179社は尾鉱ダムを保有しておらず、尾鉱ダムを持っているのは93社だった。残り38社は、情報収集中。93社の尾鉱ダムの合計は1,635ヶ所。質問票では、ダム毎に20項目の内容に答える求めた。結果、何らかの安全性問題が過去あったダムが166ヶ所あった。

【参照ページ】Investors, banks and insurers review global progress in addressing tailings dam safety

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る