【インドネシア】NGO、パーム油大手ウィルマーの先住民族の権利侵害指摘。RSPOと同社に対応要求 2019/11/17 最新ニュース

【インドネシア】NGO、パーム油大手ウィルマーの先住民族の権利侵害指摘。RSPOと同社に対応要求 1

 インドネシアNGOのNagari Instituteは11月4日、同国のパーム油大手ウィルマー・インターナショナル及び関連会社とサプライヤーが、スマトラ島西部で人権侵害を引き起こしているとするレポートを発表。同社と持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)に対して対応を求め、両者は11月14日までの回答した。

 今回のレポートは、過去2年間の現地調査を基に状況をまとめたもの。Masyarakat Kehutanan Lestari(YMKL)と英環境NGOのForest Peoples Programme(FPP)もレポートに協力した。調査からは、現地コミュニティ50団体から、ウィルマー・インターナショナルや同社サプライヤーによって悪影響を被ったとの苦情が出ていた。いずれも、人権の一つである「先住民族の権利」として保護されている土地に対するコントロールや損失を訴えていた。さらに一部のコミュニティからは、苦情を発したことに対する脅迫や犯罪行為があるとも訴えた。

 これに対し、RSPOは11月14日、2017年に苦情処理に対する制度を設けており、すでにウィルマー・インターナショナルがこれに対応しているため、RSPOとしては継続注視していくと回答。ウィルマー・インターナショナルは、同種の課題は認識しており、すでに対応中と説明。FPPが同社がRSPOのモニタリング調査に非協力的だとした点は「誤解を招く」とした。

【参照ページ】PRESS RELEASE: Report Shows Widespread Human Rights violations in Wilmar’s Palm oil operations in West Sumatra

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る