【EU】欧州宇宙機関、世界初のデブリ除去ミッションClearSpace-1発表。2025年に打ち上げ 2019/12/15 最新ニュース

【EU】欧州宇宙機関、世界初のデブリ除去ミッションClearSpace-1発表。2025年に打ち上げ 1

 欧州宇宙機関(ESA)は12月9日、地球低軌道上からの宇宙ごみ「デブリ」を除去するための世界初のミッション「ClearSpace-1」を発表した。2025年に打ち上げる。欧米では、商用衛星を大量に配置し通信ネットワークを構成する「コンステレーション」概念が実現に向け動き出している。衛星の安全な活動を確保するため、浮遊している危険なデブリの除去に乗り出す。

 同ミッションでは、デブリ除去を産業市場として育成するため、スタートアップ企業との契約によるコンソーシアムの形態で進める。契約相手には、スイス連邦工科大学ローザンヌ校からスピンオフしたスタートアップ企業「ClearSpace」が最終候補者として選定された。2020年3月までに最終提案書を提出し、その内容で最終判断される。

 ESAは、欧州19ヵ国が加盟する欧州の宇宙機関。加盟19カ国の閣僚級会合は11月末、ESAが所有する活動を終了した物質のうち低軌道上を浮遊しているものを除去することで、企業とコンソーシアムを形成することを承認していた。

 ClearSpace-1では、除去の第1号目標として、2013年に打ち上げたESAのヴェガロケットから切り離され、現在高度660kmの軌道上にあるヴェガ・セカンダリー・ペイロード・アダプター(Vespa)を狙う。Vespaは、重さ100kgあり、小規模人工衛星規模の大きさがある。形状もシンプルなことから、第1号で狙うものとして適当とした。それ以降は、さらに大きいデブリも狙いに行く。デブリは、打ち上げた衛星がロボットアームでキャッチし、そのまま大気圏に突入して焼失させる。

【参照ページ】ESA commissions world’s first space debris removal

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る