private 【イギリス】航空業界、2050年までのカーボンニュートラルでロードマップ提示。業界主導で政府動かす 2020/02/08 最新ニュース

 英航空業界団体UK Sustainable Aviation coalitionは2月4日、英国政府の二酸化炭素削減目標に沿い、2050年までに航空業界での二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)計画を発表した。

 同団体の加盟企業には、理事企業として、ブリティッシュ・エアウェイズ、エアバス、ロールスロイス、航空管制公社(NATS)、ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・ガトウィック空港、マンチェスター空港グループ(MAG)、イギリス航空宇宙安全保障産業連合(ADS)、航空会社業界団体Airlines UK、空港業界団体AOAがいる。その他の一般加盟企業には、イージージェット、ヴァージン・アトランティック航空、ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、BP、バーミンガム空港、ブリストル空港、エジンバラ空港、グラスゴー空港等がいる。flybeも署名機関として参加している。

 今回発表の報告書では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る