【イギリス】政府、コロナウイルス拡散防止でWHOに7億円支援。アフリカへの専門家派遣や国際協調体制強化 2020/02/12 最新ニュース

【イギリス】政府、コロナウイルス拡散防止でWHOに7億円支援。アフリカへの専門家派遣や国際協調体制強化 1

 英国際開発省と保健・福祉省は2月8日、新型コロナウイルスの拡散の阻止に向け、世界保健機関(WHO)に対する新たな支援を表明した。WHOに国際的な拡散防止の要の役割が期待される中、英国から専門家と500万ポンド(約7.1億円)をWHOに送り、国際協調体制を強化する。

 今回の英国政府からの支援は、非常事態時にWHOが各機関に緊急支援を要請する制度「フラッシュ・アピール」に応じたもの。フラッシュ・アピールには他にも6,150万米ドル(約68億円)が集まっている。アジアとアフリカの多くの発展途上国では、発症の疑いのある者を特定しているものの、器具、専門知識、インフラの不足により、診断・治療が困難となっている。今回の資金拠出では、WHOからコンゴにあるWHOアフリカ地域事務所への対応人員増員を促すものにもなっている。

 英国は世界で最も早くコロナウイルスの研究所を設立した国の一つ。これまで同国保健省は、ワクチンや同ウイルスの研究の支援に向け、4,000万ポンドの資金助成も行ってきた。今後は、容態が急変する前の予兆時点で対応する迅速対応チーム(RRT)や医療担当者に対し、研修を実施。コロナウイルス「2019-nCoV」に対するワクチン開発プログラムも支援する。

【参照ページ】New UK aid to help stop the spread of coronavirus around the world

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る