private 【国際】金融庁等のIFRS対応方針協議会、IFRSのESG情報開示基準でシングル・マテリアリティ要請 2020/12/02 最新ニュース

 金融庁と公益財団法人財務会計基準機構(FASF)が事務局を務めるIFRS対応方針協議会は11月30日、IFRS財団が9月30日に発表した市中協議文書についてのコメントレターを公表した。IFRS財団は、同氏中協議文書の中で、国際的なサステナビリティ基準を開発するための新しいサステナビリティ基準審議会(SSB)を創設する計画を明らかにしていた。

 IFRS対応方針協議会は、国際会計基準(IFRS)に関連する日本の市場関係者の意見集約を目的とした会議体。構成メンバーは、日本経済団体連合会、日本公認会計士協会、日本取引所グループ、日本証券アナリスト協会、企業会計基準委員会、財務会計基準機構、金融庁、経済産業省、法務省。今回、同協議会の下にワーキンググループを設置し、さらに、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、全国銀行協会、日本証券業協会、生命保険協会、日本損害保険協会、日本投資顧問業協会、環境省がオブザーバーとして参加し、意見集約を行った。

 今回のコメントレターでは、総論には賛同しつつ、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る