private 【韓国】SK、米ブルー・グリーン水素スタートアップのモノリスに出資。水素生産体制を拡充 2021/06/09 最新ニュース

 韓国財閥SKグループの持株会社SKは6月3日、米ブルー・グリーン水素スタートアップのモノリス・マテリアルズに出資したと発表した。取締役会での一席も確保した。報道によると、投資額は数百億ウォン(数十億円)。

 SKは昨今、水素事業を加速させており、1月には米燃料電池(FC)開発大手プラグ・パワーに15億米ドルを出資したばかり。他にも、燃料電池生産等に18.5兆ウォン、現代自動車はFCV車の設備投資とR&D、水素ステーションの設置等に11.1兆ウォン、ポスコは水素還元製鉄の開発等に10兆ウォン、ハンファはグリーン水素の生産等に1.3兆ウォン、暁星は液化水素生産等に1.2兆ウォンを投資する計画も発表している。

【参考】【韓国・台湾】SK、LG化学、現代自動車、鴻海、EVとFCVで大規模投資。急変する世界市場に焦点(2021年1月9日)
【参考】【韓国】2030年までの水素関連民間投資、4.1兆円計画。政府支援は780億円。5大財閥リード(2021年3月5日)

 モノリス・マテリアルズは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る