【オーストラリア】CCEP、炭酸飲料での100%rPET投入でワールドスター受賞。コカ・コーラ全体も牽引 2021/06/24 最新ニュース

【オーストラリア】CCEP、炭酸飲料での100%rPET投入でワールドスター受賞。コカ・コーラ全体も牽引 1

 欧州・アジア飲料大手コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP、旧コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ)は6月17日、同社オーストラリア拠点で炭酸飲料向けにリリースした100%リサイクル再生PET(rPET)が、世界包装機構(WPO)の「ワールドスター・グローバル・パッケージング・アワード」の飲料部門で金賞、サステナビリティ部門で特別賞を受賞したと発表した。

 同社は4月20日、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズが、オーストラリアのコカ・コーラ・アマティル(CCA)を吸収合併し、社名変更した。コカ・コーラ・アマティルは、水、炭酸飲料、乳製品、スポーツドリンク、ジュース、温かい飲料向けの使い捨てペットボトルを全てrPET素材のペットボトルに100%転換した世界初の飲料メーカー。炭酸飲料で100%rPET素材を採用したのも、世界中のコカ・コーラのボトラーの中で初。同社のペットボトル飲料のシェアはオーストラリアで70%を誇る。

【参考】【ドイツ】コカ・コーラの西欧ボトラー、返却・再充填型ペットボトルも市場投入(2021年5月6日)
【参考】【ヨーロッパ】コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ、紙製・リサイクル可能なパック販売用の梱包素材生産開始(2020年11月11日)
【参考】【インドネシア】コカ・コーラ・アマティルとDynapack Asia、ペットボトルリサイクル工場建設発表(2020年6月3日)

 今回同社が受賞したワールドスター・グローバル・パッケージング・アワードは、毎年34カ国300社以上からの応募から選定。包装・容器分野での世界的な挑戦とトレンドを反映し、製品設計の発展を促進している。

 同社は西欧でも、2030年までに100%再生素材のペットボトルへの切り替えが目標。バージンプラスチックの削減を加速する。

【参照ページ】Coca-Cola Europacific Partners recognised for its transition to 100% rPET in Australia
【参照ページ】New company name revealed as Coca-Cola European Partners’ proposed acquisition of Coca-Cola Amatil nears completion
【画像】Coca-Cola Europacific Partners

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る