private 【国際】グーグル、顧客IT部門の気候変動対策支援で4つの新サービス発表。クラウドのCO2算出も 2021/10/17 最新ニュース

 IT世界大手米アルファベット傘下のグーグルは10月14日、顧客のIT部門への気候変動対策を支援するため、4つの新たなサービスを発表した。グーグルがIDGに委託して実施した調査によると、IT部門の90%はサステナビリティを強化を重視していることも明らかとなった。

 今回の発表では、まず、ITオペレーションの環境フットプリントを下げるため、2つの基本的ツールの提供を開始。そのうちの一つが、顧客向けのダッシュボードで、契約しているGoogle Cloudサービスの使用に関連する電力からの二酸化炭素排出量を表示する。これにより、クラウドサービスを活用することにより、二酸化炭素排出量を瞬時に把握することができる。同ツールは、HSBC、ロレアル、セールスフォース・ドットコム、Etsy、Atosと共同開発した。

 もう一つのツールは、コンピューティングリソースを選択する際に、二酸化炭素排出量の少ないリージョンを積極的に選択できるよう、Cloud Consoleのロケーション・セレクターにアイコンを表示する。

 2つ目は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る