【タイ】国営PTT、インドネシアの一般炭鉱を売却の意向。エネルギー転換進める 2022/04/23最新ニュース

【タイ】国営PTT、インドネシアの一般炭鉱を売却の意向。エネルギー転換進める 1

 タイ国営石油PTTは4月2日、子会社Sakari Resourcesを通じて運営しているインドネシアの一般炭鉱(石炭)2ヶ所の売却を進めていると発表した。再生可能エネルギー、EV(電気自動車)バリューチェーン、バッテリー等への成長を加速すると延べた。

 PTTの石炭事業、売上全体の約1%だが、石炭販売量は、2020年の637万tから2021年には614万tへと4%減少してきている。新型コロナウイルス・パンデミックで一般炭需要が減少するとともに、ロシア・ウクライナ戦争でサプライチェーン混乱の影響もある模様。

 同社は、2012年にシンガポール上場していたSakari Resourcesの株式55%を取得し、石炭事業に参入。その後、残りの45%の株式を株式公開買付で取得していた。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links