【中国】国連グローバルコンパクトが気候変動サミットを開催、中国大手10社らがコミットメントを発表

Facebook Twitter Google+

 国連グローバルコンパクトの中国ネットワークは7月23日、北京で"2015 China Summit on Caring for Climate"を開催した。今年で3度目となる同サミットには政府関係者や中国大手企業の経営者、投資家などが一堂に集結し、炭素価格や水・グリーンテクノロジー、グリーンファイナンス、低炭素技術など、気候変動に立ち向かうために中国企業や地元政府、その他のステークホルダーがとるべきアクションについて広範に話し合われ [...]

» 続きを読む

【中国】グリーンビルディング市場が急速に拡大。北京、上海は米国の主要都市を凌駕

Facebook Twitter Google+

 大気汚染や気候変動などの環境問題がますます切迫した社会課題となりつつある中国では、政府の支援策や民間需要の高まりを受けて、環境に配慮した建造物「グリーンビルディング」の普及が急速に進んでいる。  現在、中国ではグリーンビルディングの評価・認証システムとして、中国政府によるGreen Building Evaluation Standard(GBES)認証と米国グリーンビルディング評議会(USGBC)が運営するLEED認証の二つが存在 [...]

» 続きを読む

【インド】最先端のモバイル技術を活用したBOP層向けヘルスケアサービスが急拡大

Facebook Twitter Google+

 貧困層の医療へのアクセスが大きな社会課題の一つとなっているインドでは、最先端のモバイルテクノロジーとクラウドを活用した革新的なヘルスケアサービスが急成長している。提供しているのは2010年に設立された社会的企業のSevamobだ。  同社はインド国内の中でも特に医療インフラが行き届いていない地域において、貧血を30%減らし、子供へのHIV感染を国平均の少なくとも半分まで低下させ、虫歯を25%減らすという目標を掲げている。同社は先日、 [...]

» 続きを読む

【中国】テンセント、2013-2014年版の「CSR報告書」を発表。各サービスのインパクトを開示。

Facebook Twitter Google+

 世界的なインターネット大手、中国のテンセントは6月26日、2013〜2014年版のCSR報告書を発表した。同社は2年おきにCSR報告書を発表しており、今回が4回目。CSR報告書のテーマは「For the connection」。全社の経営スローガンである「全てを繋げる」に基づき、過去2年での達成成果をまとめた。テンセントは、メッセージアプリである「Wechat(微信)」、同社の歴史を築いてきた初期のチャットサービス「QQ」、SNSの [...]

» 続きを読む

【中国】UNEPとJCEP、「持続可能な都市とコミュニティ評価基準ガイドライン」を発表

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は7月13日、中国での戦略的パートナーであるNGO、佳粋環境発展促進センター(JCEP)とともに、北京で「持続可能な都市とコミュニティ評価基準ガイドライン」(SUCガイドライン)を発表すると同時に、「持続可能な都市とコミュニティ評価に関する国際フォーラム」を開催し中国でのプロジェクトを紹介した。フォーラムには、国連人間居住計画(UN-HABITAT)、中国政府環境保護部環境発展センター、中国国際経済交流センタ [...]

» 続きを読む

【シンガポール】官民連携により産業排水と食料廃棄物を利用してバイオマス発電へ

Facebook Twitter Google+

 シンガポール公益事業庁(PUB, Singapore’s national water agency、以下PUB)と廃棄物系バイオマス生産を手がけるカナダのAnaergiaは6月17日、シンガポールで初となる産業排水と食料廃棄物の同時消化を行うプラントを建設し、バイオマスの増産を目指すことを発表した。  産業排水は有機物を含んでおり、嫌気性バクテリアがそれをバイオガスに変えることで、最終的に電力を生み出すことが可能となる。産業排水と [...]

» 続きを読む

【日本】ボーイングと日本の航空会社ら、東京オリンピックまでに持続可能なバイオ燃料を開発へ

Facebook Twitter Google+

 米航空機大手のボーイングは7月8日、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)など日本の主要な航空業界関係者らともに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに持続可能な航空バイオ燃料を開発する計画を発表した。  航空業界各社および日本政府らで組織される次世代航空機燃料イニシアティブ(INAF)が、持続可能な航空バイオ燃料の開発に向けたオリンピックまでの5年ロードマップを策定した。計画の中には、日本のエネルギー保障の強化、航空 [...]

» 続きを読む

【イギリス】森林破壊を食い止める鍵は、持続可能なパーム油に対する価格プレミアム

Facebook Twitter Google+

 英国イースト・アングリア大学(UEA)の研究チームらは6月10日、持続可能なパーム油を使用した製品への価格プレミアムが、熱帯雨林と生物多様性の破壊を食い止める解決策となるとする研究調査結果を発表した。持続可能なパーム油生産のための森林や土地の保護活動は、企業にとってコストではなく利益となりうることを研究により示した。  現在パーム油はバターの安価な代替品として食品業界で幅広く使用されているが、パーム油の栽培に伴う森林伐採は、東南アジ [...]

» 続きを読む

【インドネシア】紙パルプ大手のエイプリル、サプライチェーンの森林破壊ゼロ方針を発表

Facebook Twitter Google+

 森林破壊が深刻化しているインドネシアで、たびたびNGOなどから批判を浴びてきた大手伐採会社が、ついに森林破壊ゼロへのコミットメントを表明した。インドネシアの紙パルプ大手、エイプリルグループは6月3日、同社の森林保護に関する新方針、Sustainable Forest Management Policy(SFMP)2.0を公表し、今後、サプライチェーン全体において一切の森林破壊を行わないと発表した。同社は5月15日付で自然林における全 [...]

» 続きを読む

【インドネシア】インドネシア政府、2022年までに児童労働を根絶へ

Facebook Twitter Google+

 ILO(国際労働機関)が定めたWorld Day against Child Labor(児童労働反対世界デー)の6月12日に合わせて、インドネシアの労働移住省は7年後の2022年までの間に同国からあらゆる児童労働を根絶するという計画を公表した。  同省によると、現在インドネシア国内には170万人以上の児童就労者がおり、その4分の1が危険な状態で就労しているとのことだ。同国は労働法において15歳以下の児童のフルタイム就労を禁止してい [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る