【アメリカ】ケロッグ、2030年までに30億人の食料アクセスを改善。本業と寄付の双方で

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ケロッグは6月3日、2030年までに30億人の食料確保を改善するコミットメント「Better Days」を発表した。実現に向け、複数のプログラムを展開する。同社は過去10年間も同様に30億人の食料アクセスの改善に取り組んできており、次の30年はさらにインパクトを追求しに行く。  プログラムではまず、本業の食品や栄養分販売を通じて、栄養不足の10億人に食品を提供。加えて、さらに食品寄付や児童食料プログラム等を通じ、3.7 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ケロッグ、シリアル商品の砂糖・塩分含有量を大幅削減。消費者の健康に配慮

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ケロッグの英子会社、ケロッグ英国は11月30日、シリアル商品の砂糖や塩分の含有量を削減する取組「Better Starts Plan」を発表した。英国では健康への関心が高まっており、政府も砂糖や塩分の含有量を下げる政策を打ち出している。 【参考】【イギリス】公衆衛生庁、食品・外食業界に対し砂糖含有削減ガイドライン発表。肥満防止(2017年4月16日)  ケロッグ英国は、主力の麦シリアル「Coco Pops」では、201 [...]

» 続きを読む

【国際】WBCSDとEAT、持続可能な食品業界のための新イニシアチブ「FReSH」発足。世界25社が参加

Facebook Twitter Google+

 持続可能な開発を目指すグローバル企業ら約200社で構成されるWBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)とスウェーデンのNGO等3団体が2016年3月に立ち上げた食品に関する財団「EAT Foundation」は1月19日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)の場で、世界の食糧危機に立ち向かう新たなイニシアチブ「FReSH(Food Reform for Sustainability and Health progr [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦政府の食品ロス50%削減プログラム、ウォルマート、ユニリーバ、ペプシコ等15社参画

Facebook Twitter Google+

 米国農務省(USDA)と環境保護庁(EPA)は11月17日、食品廃棄物および食品ロスを2030年までに50%削減させるプログラム「U.S. Food Loss and Waste 2030 Champions」の第1号参画企業・機関を発表した。第1号に加わったのは、ウォルマート、ユニリーバ、キャンベル・スープ・カンパニー、ペプシコ、ケロッグ、ゼネラル・ミルズ、Ahold USA、Blue Apron、Bon Appétit Mana [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カーギル、ウォルマート、モンサントら、中西部農業のサステナビリティ改善で連携

Facebook Twitter Google+

 米国中西部での農業産業に係る幅広いサプライチェーン関係事業者は8月31日、土壌や水質に配慮した農法を推進するパートナーシップ「the Midwest Row Crop Collaborative(MRCC)」を結成した。このパートナーシップに参加したのは、穀物生産大手のカーギル、ゼネラル・ミルズ、農業化学メーカー大手のモンサント、食品大手ケロッグ、ペプシコ、小売大手のウォルマート、環境NGOのザ・ネイチャー・コンサーヴァンシー、米国 [...]

» 続きを読む

【国際】Science Based Targets(SBT)に114社が加盟。科学的根拠に基づくCO2排出削減目標を推進

Facebook Twitter Google+

 地球の気温上昇を2℃未満に抑える上で科学的に必要とされるCO2排出量に基づく削減目標の設定を推進している国際イニシアチブ、Science Based Targetsイニシアチブ(SBT)は12月8日、参画企業が当初の目標だった100社を上回り、114社に拡大したと公表した。  Science Based Targetsによると、参画企業らによるCO2排出量の合計は少なくとも年間4億7,600万トンにのぼり、南アフリカや石炭火力発電所 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グローバル食品企業のCEOら、共同で各国政府に対して気候変動合意を要請

Facebook Twitter Google+

 マース、ユニリーバ、ゼネラル・ミルズ、米国ネスレ、ケロッグ、ベン&ジェリーズ、ダノン米国など世界有数の食品メーカーのCEOらは10月1日、米国および世界各国の政府に向けた共同書簡を公表した。書簡の中で、CEOらは企業として責任ある気候変動アクションをとることを誓約すると同時に、政府に対しても同様に今年の12月のCOP21で強力な国際合意を実現するよう求めている。  同書簡をとりまとめたのはサステナビリティ分野の国際アドボカシーNGO [...]

» 続きを読む

【国際】オックスファム、食品・飲料大手10社のサステナビリティランキング”Behind the Brand”を公表

Facebook Twitter Google+

 国際NGOのオックスファムは3月31日、大手食品・飲料企業10社の食糧課題・サステナビリティへの取り組み状況を評価したランキング、"Behind the Brand"を公表した。3回目となる今年のランキングでは、ユニリーバが50点(70点満点)を獲得し、48点のネスレを抑えて1位に輝いた。  同ランキングはアソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ、コカ・コーラ、ダノン、ゼネラル・ミルズ、ケロッグ、マース、モンデリーズ、ネスレ、ペプシ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る