【国際】RepRisk、リスク評価体系設計でSASBのマテリアリティ・マップ採用

Facebook Twitter Google+

 ESGリスク情報提供世界大手スイスRepRiskは5月8日、同社のESGリスク評価体系においてSASB(米国サステナビリティ会計審議会)のマテリアリティ・マップを採用すると発表した。RepRiskはこれまで、独自の評価体系を設計してきたが、今後はSASBのマテリアリティ・マップに体系を揃えていく。 【参考】【アメリカ】SASB、SASBスタンダード全79業界の初版原案を公表。90日間パブコメ受付(2017年10月4日) 【参考】【レ [...]

» 続きを読む

private 【国際】CDSBとSASB、TCFD導入ガイダンス発行。Better Alignment Projectの一環

Facebook Twitter Google+

 気候変動関連情報開示標準化の国際イニシアチブCDSB(気候変動開示基準委員会)とSASB(米国サステナビリティ会計審議会)は5月1日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインを導入する全世界全セクター向けの導入ガイダンスを発行した。投資家視点のマテリアリティ特定で定評のあるSASBと、気候変動情報開示基準策定の老舗CDSBによるガイダンスは、一定の影響力を持つと思われる。  今回の導入ガイダンスの大きな特徴は、 ( [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る