【EU】欧州委、東バルト海でのタラ漁を年内全面禁止。資源量激減の懸念。2020年以降の措置も検討

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月23日、危機に瀕している東バルト海のタラの資源量を保護するため、2019年12月31日までバルト海でのタラ商業漁業を禁止すると発表した。即日施行された。対象は全漁船が対象。すでに複数のEU加盟国では同様の措置を採っていたが、EU全加盟国での禁漁を決定した。  欧州委員会は、加盟国と協議し、来年からの施策についても検討していく。資源量減少については、他にも塩分濃度減少、海水温度上昇、酸素不足、寄生虫感染症の影響を指摘す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る