private 【ドイツ】ドイチェ・アセット・マネジメント、新ESGインテグレーション戦略発表。AIも活用

Facebook Twitter Google+

 ドイチェ・アセット・マネジメント(DWS)は5月26日、独自のESGインテグレーション戦略「Smart Integration」を導入すると発表した。ドイツ銀行グループは5月19日にサステナブルファイナンスの強化を発表しており、運用子会社DWSからも新たな戦略が打ち出された。同社の運用資産総額は7,000億ユーロ(約83兆円)。 【参考】【ドイツ】ドイツ銀行、サステナブルファイナンス23兆円目標発表。DWSはETF3本をESG型に( [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、アジア太平洋地域のESGインテグレーション動向分析。日本は「始まったばかり」

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月31日、CFA協会と合同で、アジア太平洋地域のESGインテグレーションの動向を分析した報告書を発表した。ESGインテグレーションは、ESG投資手法の一つで、通常の投資手法の中にESG要素も織り込んで投資判断するもの。今回の分析対象は、オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、香港。地域全体で共通の課題があることが浮かび上がってきた。 【参考】【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2018の [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRIとCFA協会、EMEA地域のESGインテグレーション動向分析報告書発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)とCFA協会は3月18日、欧州・中東・アフリカ(EMEA)8カ国・地域でのESGインテグレーションの動向を分析した報告書を発行した。両者は2018年9月にも、共同で、ESGインテグレーションの実践ガイダンスとベストプラクティスをまとめた報告書を出しており、今回のものが第3弾。 【参考】【国際】PRI、ESGインテグレーション・フレームワークをまとめたレポート発表。30の事例紹介も(2018年9月22日)   [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、ESGインテグレーション・フレームワークをまとめたレポート発表。30の事例紹介も

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)とCFA協会は9月13日、株式と債券でのESGインテグレーションに関するベストプラクティスをまとめたレポートを発表した。同レポートには、世界中のCFA協会会員を中心とした金融専門家約1,100に対するアンケート調査結果の他、30個のケーススタディを掲載。ブルームバーグのESG企業開示スコアやPRIへの年次報告書を活用し、ベストプラクティスをまとめた。  今回のレポート作成のため、PRIとCFA協会は世界23 [...]

» 続きを読む

private 【国際】「ESGインテグレーション投資の財務パフォーマンス高い」PRI報告書

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は2月20日、ESG投資手法の一つ「ESGインテグレーション」の投資パフォーマンスに関する調査レポートを公表した。同レポートは、年金基金運用会社や投資コンサルタント向けにESGインテグレーションのメリットを説明する内容となっている。CFA協会の過去の調査でも、ESGファクターと財務パフォーマンスには密接な連関があることが明らかとなっており、今回のレポートもそれを裏付ける内容となった。  ESG投資の財務パフ [...]

» 続きを読む

【スイス】スイス再保険、今年始めからESGインテグレーションを開始したと公表

Facebook Twitter Google+

 再保険世界大手スイス再保険は7月6日、2017年始めから投資プロセスにおいてESGを考慮する「ESGインテグレーション」を開始していることを公表した。背景には、ESG投資は経済合理性があり、とりわけ長期投資家にとってのダウンサイドリスクを提言させる効果があると話している。  スイス再保険は、ESGインテグレーションを実施するにあたり、株式アセットクラスではMSCI ESGインデックス・ファミリーを、債券アセットクラスではBloomb [...]

» 続きを読む

【金融】英保険大手AVIVAの気候変動戦略 〜気候変動に対応したESG投資とリスク管理の先進事例〜

Facebook Twitter Google+

 2015年12月のパリ協定合意以降、世界全体で急速に気候変動対応ムードが高まっています。2016年12月には、金融安定理事会(FSB)の気候変動関連の財務情報開示に関するタスクフォース(TCFD)が最終報告書案をまとめ、とりわけアセットオーナーや保険会社、銀行、運用会社など金融セクターに対しては、気候変動がもたらす種々のリスクにどう対応していくかについての戦略を打ち立てることを強いる機運が盛り上がってきました。  その中、英保険大手 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る