【インドネシア】アジアにおける企業の社会責任に関する討論会を開催 2013/11/19 最新ニュース

AIM-RVR CSR Centerは9月23、24日、インドネシアにてアジアにおける企業の社会責任に関する討論会(AFCSR)を開催。21カ国から政府、学会、メディア、多国籍企業などの関係者300人以上が参加した。

AFCSRは過去11年に渡り、時代が課す複雑なテーマを解決するための議論の場・プラットフォームを提供し、アジアでCSRに取り組む上で最も重要な会議とされてきた。今回の議題は、企業の社会に対する責任(CSR)の明確化と包括的成長への挑戦。2日間に及び、CSRに対する新しいアプローチ方法を開発し、理解することを目標に活発な議論が行われた。

AIM-RVR CSR Center

基調講演の中で、フォーラムの取りまとめを務めたFrancisco L. Roman氏は、「私たちの挑戦は、包括的な社会の発展を成し遂げ、それを継続させていくことだ」と述べた。アジア地域で急激に進む発展に対し、負の側面を如何にシステム的に解決していくかというここ数年の世界的な課題に取り組んでいく構えだ。会議は、アジアの中で存在感を増すビジネススクールを運営する大学AIMのもと、米国インテルとインドネシア財閥のヒッポグループが共催した。会議には、地元フィリピンのみならず、インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、中国、インド、米国、イギリス、オーストラリア、ドイツ、リヒテンシュタインから参加者が集まった。アジアのサステナビリティへの取組には数多くの国の企業が関心を寄せ、実際に取り組んでいる。日本企業もこの流れに取り残されないようにしていく必要がある。

【機関紹介サイト】AIM-RVR CSR Center

 

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る