【ギリシャ】Piraeus銀行が企業責任レポートを発行 2014/01/22 最新ニュース

ギリシャのPiraeus銀行が毎年恒例となっている企業責任レポートを発行した。

今年度はGRI G3に従った項目も独立して加えられている。7回目となる本レポートの内容は2012年度について言及したもの。それによれば、2011年度に比べ紙の使用量は14%削減、また、インクカートリッジの使用も10%減。飛行機での出張を9%減らし、再生プラスチックの使用は40%増している。

Piraeus Bank

日本企業の金融機関に比べると達成している内容はすごい。紙やインクの削減は、日本の金融機関の中では、方針に掲げていても具体的な数値目標を置いていないところが多く、数値目標を持っているところでも達成率は数%と高くはない。また、欧米の中では飛行機での出張を目標に掲げる所も多い。これは、飛行機利用が温室効果ガスを大量に輩出するからだ。一方、日本企業の中で海外出張を焦点に当てる企業は少ない。海外展開が盛んな中、海外出張の抑制は事業の将来性を損なわせるという言い分もあろうが、それは欧米の企業でも同じこと。海外出張の1回あたりの密度や意義を濃くすることで、海外出張の数は減らせるであろうし、ビデオ会議で代替できるものもおそらくはあるだろう。

【レポート全文(PDF)】CORPORATE RESPONSIBILITY REPORT 2012

【企業サイト】Piraeus Bank

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る