Sustainable Japan QUICK ESG研究所

議決権行使助言会社 2015/08/31 辞書

 議決権行使助言会社とは、一般投資家や機関投資家に株主としての議決権行使についてアドバイスを行う企業のことで、財務、会計、法律の専門家を擁して投資先企業の分析、コンサルティング、議決権行使における助言業務を行っています。大手としては1985 年に設立された米国のInstitutional Shareholder Services(ISS)や2003年に設立されたGlass, Lewis & Co.が挙げられます。これらの企業はグローバルにサービスを展開しており、日本企業の関連する助言も行っています。

 議決権行使助言会社は、株主総会における議決権を行使することで、投資先企業のガバナンス強化を図ったり、企業や産業の直面する課題解決を目指したりしている一方、上位2社による寡占状態にあり、その助言内容の透明性を求めたり、こうした企業を利用しない動きなども出てきています。

 ISSは日本向け議決権行使助言基準をウェブサイトで公開しており、剰余金の処分や取締役選任など一般的な株主総会における議案に対し、どういった場合に賛成・反対を投票するかの目安を解説しています。

参考サイト

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る