【国際】S&Pダウ・ジョーンズ、投資用グリーンボンド指数「S&P Green Bond Select Index」開発 2017/03/23 最新ニュース

 金融指数世界大手S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは3月9日、流動性の高い世界のグリーンボンドで構成される新たなインデックス「S&Pグリーンボンド・セレクト・インデックス(S&P Green Bond Select Index)」を開発したと発表した。米運用会社VanEckは、同インデックスを用いたETF(上場投資信託)を早速上場させた。

 S&Pグリーンボンド・セレクト・インデックスは、同社がすでに開発済みの「S&Pグリーンボンド・インデックス」と同じく時価総額加重平均型。のインデックス。従来「「S&Pグリーンボンド・インデックス」は市場動向のチェックのために開発されたが、今回の「S&Pグリーンボンド・セレクト・インデックス」は、投資家に向けた投資用のインデックスとして開発された。採用される銘柄は、国際的なグリーンボンド発行基準である「気候債券イニシアチブ(CBI)」に準じて発行されるグリーンボンドのみが対象。さらに、債券格付が高く、また発行額が一定数以上あるなど、流動性の面で高い条件をクリアした債券のみが採用されている。対象地域は世界全ての国を対象とするが、G10諸国通貨(米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZドル、加ドル、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ)建ての債券のみが対象となる。

 発表時の構成銘柄数は193。一銘柄の最大構成比率は10%。平均償還期間は7.34年。額面金額加重クーポンは2.00%。最終利回りは1.85%。最低利回りは1.83%。

【参照ページ】S&P Dow Jones Indices Launches S&P Green Bond Select Index
【インデックス手法】S&P Green Bond Indices Methodology

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る