【国際】EICC、強制労働撲滅のための「責任ある労働イニシアチブ」設立。幅広い業界に加盟呼びかけ 2017/07/11 最新ニュース

 電子業界のサステナビリティ向上イニシアチブEICC(電子業界行動規範)は6月26日、強制労働との訣別を目指す「Responsible Labor Initative(責任ある労働イニシアチブ)」を設立した。

 EICCは、最新版の行動憲章「EICC行動規範5.1」の中でも、強制労働を禁止する内容を盛り込んでおり、EICCとして強制労働に焦点を当てた活動をするのは今回が初めてではない。しかし、今回の「責任ある労働イニシアチブ」は、電子業界のサプライチェーン全体での強制労働撲滅を実現するため、幅広い業界からの加盟を呼びかけ協働アクションを起こしていくのが狙い。そのため、同イニシアチブは、EICCの既存のスタンダードやデューデリジェンスを基にしつつも、よりアクション面に重視を置いている。

 同イニシアチブの加盟企業には、強制労働に関連したリスクアセスメント、自己点検・自主監査、チェックリスト、能力開発(キャパシティ・ビルディング)、広報・アドボカシーなどの様々なツールやサービスが受けられる。またEICC自身に加盟せず、同イニシアチブのみに加盟することも可能。

 国際労働機関(ILO)によると、強制労働を強いられている人は、世界全体で約2,100万人もいる。

【参照ページ】Responsible Labor Initiative Launches to Promote Rights of Workers Vulnerable to Forced Labor
【イニシアチブ】Responsible Labor Initative

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る