【日本】GPIF、世界銀行グループとESG投資の共同研究で提携。第1弾はESG債券投資分野 2017/10/19 最新ニュース

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と世界銀行グループは10月11日、様々なアセットクラスでのESG投資を促進し、サステナブル投資分野への資金量を増加させるためのパートナーシップを締結したと発表した。第1弾として、債券分野のESG投資で、ベンチマーク、ガイドライン、格付手法、公表の枠組み、報告の雛形、リスク分析など、実務的な課題に関する共同研究を行う。国債も対象とする。

 世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は、今回のパートナーシップ締結について、「GPIFとともに、アセットオーナーと運用機関にとっての投資機会の見方を変革する野心的なイニシアチブに乗り出します。私たちは、民間セクターからの貢献を増やすことなくして、国連持続可能な開発目標(SDGs)を達成し、高まる世界の切望に応えることはできません。私たちの経験からは、優れたESG基準が優れた投資となることがわかっています。そして、40兆米ドル以上もの資金の運用難が続き、投資家がより良いリターンを求めている今は、これまでにない絶好の機会です。GPIFはサステナブル投資における世界的リーダーの一つ。ともに全ての人々のために機能するグローバル市場システムの構築を支援していきます。」とコメントした。

 GPIFの髙橋則広理事長も、「今回の共同研究は、グリーンボンドやソーシャルボンドに限らず、一般的な国債や社債も含めた幅広い債券を対象に、ESGを考慮することによる投資機会、制約、解決策などを分析する先駆的な試みです。また、GPIFは、他の年金基金や投資先企業と意見を交換するフォーラムを開催するとともに、ファイナンス分野の若手研究者を表彰するアワードを実施しており、世界銀行グループと行う今回の研究についても、その成果を他の機関投資家や研究機関などと共有するオープン・リサーチ・プラットフォームとしたいと願っております。」とコメントした。

【参照ページ】World Bank Group and GPIF Join Forces to Mobilize Capital Markets for Sustainable Investments
【参照ページ】持続可能な投資の促進に向けたGPIFと世界銀行グループの提携について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る