private 【日本】GPIF、気候変動レポート2021年版発表。温暖化ポテンシャル、全アセットクラスで2℃超え

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は10月5日、同機関として2回目となる「GPIFポートフォリオの気候変動リスク・機会分析」レポートを発行した。GPIFは、2019年にも米環境情報データ提供Trucostに委託した気候関連情報の開示支援結果という形で気候変動関連レポート。2020年に正式な気候レポートを出していた。  今回のレポート作成では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、2020年度版のESG活動報告を発行。ESG指数パフォーマンスや気候変動分析も

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は8月20日、第4回目となる2020年度版の「ESG活動報告」を発行した。ESG投資のパフォーマンス、ESGエンゲージメントの成果、集団的エンゲージメントの参加状況に加え、昨年に続き気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく開示も実施した。  GPIFが選定している7つのESG株式インデックスでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、2020年度のリターンが25.15%と好記録。ESGインデックス運用額は10.6兆円

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2020年度の業務概況書を発表した。2020年度は、新型コロナウイルス・パンデミックでの株価の大きな変動があり、GPIFの運用リターンは25.15%と大幅な好成績を記録した。複合ベンチマークとの比較でも、0.32%のプラスで実質7年ぶりにプラスに転じた。GPIFの運用資産額は2020年度末時点で186兆1,624億円となった。  アセットクラス別では、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】GPIF、東証一部上場企業対象の2020年アンケート結果を公表。機関投資家の統合報告書活用進む

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は5月12日、東証一部上場企業を対象に実施した機関投資家のスチュワード活動に関する第5回アンケートの結果を公表した。IRミーティングの変化、運用会社による統合報告書の活用状況、集団的エンゲージメントの対応評価、議決権行使に関する対話、ESGインデックス採用に関する評価等、GPIFが目指す企業の長期志向経営に向けた内容となっている。  GPIFは、運用会社のスチュワードシップ活動の動向を把握す [...]

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、2020年スチュワードシップ活動報告発表。債券投資でも投資先にESGエンゲージメント

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3月25日、委託先運用会社のスチュワードシップ活動をまとめた「2020/2021年スチュワードシップ活動報告」を発表した。同報告は2017年から開始され、今回が4年目。GPIFは2020年2月に運用会社に義務付けるスチュワードシップ原則改訂しており、今回は改訂後の初報告となった。 【参考】【日本】GPIF、運用会社に義務付けるスチュワードシップ原則改訂。エンゲージメントと運用の連携等(20 [...]

» 続きを読む

【日本】GPIF、2020年度の優良な統合報告書として11社を発表。国内株式運用会社が選定

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2月24日、GPIFが国内株式の運用を委託している運用会社が実施した「優れた統合報告書」と「改善度の高い統合報告書」の2021年度の選定結果を発表した。  GPIFの優良報告書発表は (さらに…)

» 続きを読む

【日本】GPIF、ESG投資に関する情報・アイデア募集開始。現代投資理論の超越狙うか

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1月20日、「ESG投資並びにSDGs投資に係る情報やアイデア」の募集を開始した。GPIFとしての調査研究に活用する。応募締切は2月12日。情報やアイデアには、学術研究、投資手法、投資技術、システム、インデックス、分析ツール等を含む。  募集するアイデアは、現代投資理論とESG投資投資及びSDGs投資の関係性、経済学の基本的な考え方とESG投資投資及びSDGs投資との関係性に関するもの。特 [...]

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、外国株運用で新たにESGインデックスを2本採用。MSCIとモーニングスターの指数

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は12月18日、外国株式運用でESGインデックスを2本選定したと発表した。GPIFは、インデックスに関する情報を常時受け付ける「インデックス・ポスティング」制度を導入しており、今回新たに2本が有望と判断された。  今回採用された外国株ESGインデックスは、ESG総合型で「MSCI ACWI ESG ユニバーサル指数」、テーマ型(女性活躍)で「Morningstar ジェンダー・ダイバーシティ [...]

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、気候変動レポート2020年版発表。1.5℃シナリオでは技術的機会が増え株式価値向上

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は10月2日、同機関として初となる「GPIFポートフォリオの気候変動リスク・機会分析」レポートを発行した。8月に発行した2019年度版の「ESG活動報告」の別冊という位置づけ。GPIFは、2019年にも米環境情報データ提供Trucostに委託した気候関連情報の開示支援結果という形で気候変動関連レポートの発行していたが、今年ついに正式な分析レポートとして発行した。 【参考】【日本】GPIF、T [...]

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、2019年版のESG活動報告を発行。ESG投資パフォーマンスやTCFD開示も

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は8月19日、第3回目となる2019年版の「ESG活動報告」を発行した。ESG投資のパフォーマンス、ESGエンゲージメントの成果、集団的エンゲージメントの参加状況に加え、昨年に続き気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく開示も実施。今年始めて、気候変動によるリスクと機会の資産横断的な評価も行った。  GPIFが選定している (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る