【イギリス・オランダ】ユニリーバ、フェイスブックやグーグルへの広告出稿停止を示唆 2018/02/14 最新ニュース

 消費財世界大手英蘭ユニリーバは2月12日、フェイスブックやグーグルへのオンライン広告の出稿を停止する検討に入っていることを明らかにした。同社の主力ブランド「Dove」「マグナム」「パーシル」「マーマイト」等のマーケティングを統括するキース・ウィードCMOが、米カリフォルニア州の会議で語った。理由は、フェイスブックやグーグルが、フェイクニュース、ヘイトスピーチ、過激主義の撲滅や、児童保護への取組に成功していないため。

 英紙ガーディアンによると、世界の広告支出上位企業は、首位P&G(105億米ドル)、2位ユニリーバ(95億米ドル)、3位サムスン電子(90億米ドル)、4位ネスレ(90億米ドル)、5位ロレアル(83億米ドル)。また、ユニリーバの英国での広告内訳は、全体1億2,900万ポンドのうち、テレビが9,100万ポンド、ディスプレイ広告が2,000万ポンド、オンライン広告1,300万ポンド、新聞・雑誌広告430万ポンドで、オンライン広告が全体の約10分の1を占めている。その中で、フェイスブックやグーグルの割合は一定程度あると考えられ、出稿停止が決定すると、影響は小さくない。

 インターネット上の不適切コンテンツについては、EUや英国政府からもウェブサービス企業に対策を求める声が出ている。それに呼応するように、世界広告支出最大手米P&Gも2017年、同じ理由によりオンライン広告の支出を1,000万米ドル削減している。

 フェイスブックは傘下に写真共有アプリのインスタグラムを、グーグルは傘下に動画共有サイトYouTubeを有しており、それらにも影響が及ぶ可能性がある。

【参考ページ】Marmite maker Unilever threatens to pull ads from Facebook and Google

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る