【イギリス】下院環境監査委員会、グリーンファイナンス政策に関する第1弾レポート発表 2018/05/22 最新ニュース

 英下院環境監査委員会(EAC)は5月18日、英政府のグリーンファイナンス政策にかんする提言書をまとめ、公表した。EACは2017年11月、同分野に関する意見募集を開始。今回の報告書は寄せられた意見を受け、EACが今後推奨する政策方針をまとめたもの。

【参考】【イギリス】下院環境監査委員会、政府のグリーンファイナンス政策に関する意見を広く受付(2017年12月5日)

 英独立行政機関の気候変動委員会(CCC)は、英政府が定めた2032年までの二酸化炭素排出量削減目標を達成するためには、毎年GDPの1%を気候変動分野に投じる必要があると分析している。一方、英国での再生可能エネルギー投資は2016年をピークに落ち込んできている。今回のレポートは、要因について、英政府系グリーン投資銀行(GIB)の豪マッコリーへの売却や、EU離脱決定後に欧州投資銀行(EIB)からの英国への投融資が減少していることを挙げた。

 EACは今回、炭素価格の引上げ誘導による二酸化炭素排出量削減への経済的インセンティブ付けや、EU離脱後にも欧州投資銀行との良好な関係を保つことを提言。仏で先行して推進されているグリーンボンドにも可能性を示した。

 EACは今回のレポートを第1弾と位置づけ、より広範囲な内容を含む第2弾レポートを早急に発行すると言及。また、5月18日は、英政府の新たな環境監視機関や、EU離脱後の環境原則に対する提言をまとめるための意見募集を開始した。募集締め切りは8月2日。

【参照ページ】Green finance: mobilising investment in clean energy and sustainable development
【参照ページ】Environmental Governance inquiry launched

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る