【国際】PRI、プライベートエクイティESG投資のガイダンス第3弾発表。モニタリングと報告 2018/06/22 最新ニュース

 国連責任投資原則(PRI)は6月13日、プライベートエクイティ投資の主にLP向けに、ESGに関するダイアログ、モニタリング、報告に関するガイダンス「ESG monitoring, reporting and dialogue in private equity」を発表した。今回はプライベートエクイティ投資に関するESGガイダンスの第3弾。LPのESGデューデリジェンスに関する第1弾が2015年に、ファンドのタームシートに関する第2弾が2017年に発表された。

【参考】【国際】PRI、プライベートエクイティESG投資のガイダンス第2弾発表。タームシートに焦点(2017年7月28日)

 三部策最後となる第三弾は、環境・社会・労働安全衛生リスクマネジメントコンサルティングERMも作成に加わった。第1章では、GPとLPがESGでダイアログすることの概要やメリットを紹介。第2章では、LPがGPをモニタリングし、得た情報を活用する手法について、現在の状況を紹介している。第3章では、LPがGPに情報開示を要求するための項目について、中核項目と追加項目にわけて整理した。

【参照ページ】PRI and ERM launch guidance on ESG monitoring, reporting and dialogue in private equity
【報告】ESG monitoring, reporting and dialogue in private equity

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る