【アメリカ】アメリカン航空、プラスチック製ストローとマドラー使用を今年中に廃止 2018/07/15 最新ニュース

 アメリカン航空は7月10日、機内と空港ラウンジで提供するストロー等をプラスチック製から環境に配慮した素材に切り替える方針を発表した。

 まず7月頃から、空港ラウンジで提供するストローを生分解可能素材に、マドラーも木製や竹製のものに切り替える。さらにラウンジで使用する食器類も環境に配慮した素材に今後切り替える予定。

 11月からは、機内でのストローやマドラーの転換を開始する。これらの取り組みにより、アメリカン航空は年間32tのプラスチックごみを削減できると試算する。

 アメリカン航空が機内の環境問題に取り組み始めたのは1989年。機内でのリサイクルプログラムを航空業界でいち早く開始。アルミニウムをリサイクルした収益を添乗員の相互補助を目的とするチャリティー団体「The Wings Foundation」に寄付した。また、2015年には機内のプラスチックコップを紙コップに切り替えた。

【参照ページ】American Airlines Lays Down the Straw

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る